Herbal Beauty

オーガニックコスメとミネラルファンデーションの口コミレビューブログ

洗いすぎによる乾燥から解放されたい方に。アルテ オーガニッククレンジングはレシチン乳化でしっとり

投稿日:

合成界面活性剤不使用!
乳化剤にレシチンを使用した、アルテ オーガニッククレンジングをいただいたので、じっくり使ってみました。

洗浄力がかなり弱いので万人に向くわけではありませんが、ライトメイクの方で乾燥肌なら良さがわかるんじゃないかな?

洗いすぎによる乾燥から解放されたい方、洗浄力の優しいクレンジング&洗顔をお探しの方にオススメです♪

公式サイトアルテ(ARTE)

合成界面活性剤ゼロ。レシチン乳化のクレンジングクリーム

アルテ(ARTE)は、天然成分100%にこだわった国産オーガニックコスメで、国産オーガニックコスメのパイオニアでもあり、日本オーガニックコスメ協会(JOCA)がオーガニックコスメのお手本として運営しているブランドでもあります。

石油・植物に関係なく、合成成分は一切不使用を貫いていますし、植物原料も自社農場で無農薬栽培したものや、信頼できる生産元から取り寄せた無農薬栽培のものを使用。

できる限り国産原料を使用しているのもポイント。

当然、全製品がJOCAの推奨品となっており、成分に厳しい方でも安心して使えるコスメとなっています。

アルテのオーガニッククレンジングは、洗浄力が強すぎる市販のクレンジングが乾燥肌の原因の1つである事に着目してつくられたもの。

市販のクレンジングのほとんどが、そしてオーガニックとうたうクレンジングでさえ、多くが石油または植物原料を使った合成界面活性剤が使われています。

アルテのオーガニッククレンジング石油・植物由来に関わらず、合成界面活性剤を一切使用せず、乳化力のマイルドな「レシチン」を使ったクレンジングなんです!

レシチンは卵や大豆に含まれる成分で、マイルドな乳化作用を持つ物質です。

肌表面の成分とも近い上、保湿効果もあり、乳化作用もマイルドなので、肌のバリア機能も必要以上に乱さない、肌に優しい界面活性剤なんですって。

アルテのクレンジングは、ホホバ種子油、ブドウ種子油、カカオ脂などの植物オイル、レシチン、クレイ成分などでメイクを乳化させ、吸着させて落とす仕組みです。

合成界面活性剤を使っていないのでクレンジングとしては洗浄力はかなり弱いのですが、乾燥肌の方はこれくらいの洗浄力の方が肌の負担は少なくて済むのだそう。

ちなみに、レシチン乳化のクレンジングというと、他にアムリターラのリラックスアロマクレンジングがありますが、使用感や洗浄力は近いものがあります。

アルテは2,700円(税込)と、アムリターラ(4,320円)よりだいぶお値打ちではありますね。

カミツレ、ドクダミ、スギナ、スイカズラ、ユキノシタなどくすんだ肌に透明感を与える植物エキスも配合されおり、美容液のようなスキンケア効果もあるのだとか。

乳化成分が多めだったり、クレンジング用のバランスになっているとは思いますが、ほとんどスキンケアクリームと変わらない成分でできているため、マッサージクリームとしても使えるそうです。

アルテ オーガニッククレンジングを使ってみた感想。コツを抑えて使わないとメイクが落ちないかも

パッケージは樹脂製、白が基調のラベルにアルテのロゴが入っただけのシンプルなもので、可愛らしさやおしゃれ感はないかも。

ポンプ式なのですが、何日か使わずにいるとポンプの中で固まってしまうのか、ゼリー状のものが出て来ることがあります。

公式サイトにはクリームタイプのクレンジングとありますが、中身は茶色っぽいのトロトロのミルクです。
色は配合荒れている植物エキスそのものの色。

ハーバルフローラルのやわらかな香り。
アルテはオーガニックコスメにしては香り方がほのかなのもいいですね。

洗浄力ですが、まずポイントメイクは落ちません。
ミネラル系でもアイメイクやリップは落ちにくいので、オイル+濡れコットンの拭き取り、落としておいた方がいいと思います。

使い方は、クレンジングを馴染ませた後、濡れコットンで拭き取り、軽く洗顔します。

ベースメイクも、基本的には軽めのメイク用ですね。

ミネラルファンデーション、BBクリームくらいなら落とせます。
ケミカルでも軽めのものなら、丁寧に落とせば落ちるものもありますが、落ちないものが多いかも……

左から

  1. チャントアチャーム メイクアップクリーム
  2. ヴァーチェ リキッドファンデーション
  3. 24hコスメ プレミアムミネラルファンデーション
  4. エトヴォス タイムレスミネラルファンデーション

よく馴染ませて、濡れコットンで拭います。

こんな感じで、ミネラルファンデは問題なく落ちます。

リキッドタイプなど、石鹸では落ちにくいミネラルファンデに使うといいかも♪

一応、手持ちのBBクリームやファンデーションでも試してみました。左から、

  1. ランコム BBクリーム
  2. マキアレーベル クリアエステヴェール
  3. アディクション スキンケアファンデーション
  4. ラロッシュポゼ UVイデア プロテクションBB

手のひらで挟んで少し温めたクレンジングを乗せ、馴染ませていきます。

ミネラルファンデより丁寧に馴染ませる必要がありますが、なんとかメイクも浮いてきました。

濡れコットンで拭ったところ。

この辺が、ギリギリ落ちるラインかも。
市販されているファンデーションでは落ちないものが多そうですね。

お肌のためには、アルテのクレンジングで落とせる程度のメイクが、お肌の負担にならずいいのではないかな?とは思うんですけどね。

オイルのぬるつきが若干残るので、石鹸で軽く洗顔するとスッキリします。
ダブル洗顔しても、乾燥せず、しっとり感が残りますよ♪

乾燥肌の洗顔としても使えます!

乾燥がひどいと、石鹸では突っ張ってしまう!なんて方もいるのでは?

そんな時は、アルテのクレンジングを洗顔料として使うこともできますよ!

軽く肌になじませて洗い流せばOK。
若干、ヌルつきが残るのですが、そのままタオルドライしてしまえば、お肌がつっぱらず、しっとり落ち着きます。

もともと、スキンケアクリームと変わらない成分でできているので、多少、肌に残っても問題ありません。

ただし、洗浄力が弱いので、乾燥肌の冬用洗顔、という感じにはなりますが。

洗いすぎによるカサつきからは解放されると思いますよ^ ^

レシチン乳化のアルテ オーガニッククレンジング。

万人に向くわけではありませんが、合う人にはとても合うアイテムだと思います。

洗いすぎによる乾燥から解放されたい方、洗浄力の優しいクレンジング&洗顔をお探しの方にオススメします。

公式サイトアルテ(ARTE)

全成分:水、ホホバ種子油、ブドウ種子油、カカオ脂、ガリカバラ花エキス、カミツレエキス、ドクダミエキス、スギナエキス、スイカズラエキス、カニナバラ果実エキス、ユキノシタエキス、ローカストビーンガム、レシチン、シロキクラゲ多糖体、ベントナイト、トコフェロール、エタノール、ゼラニウム油、ローズマリー油、ビターオレンジ葉/枝油、ラベンダー油、サリックスニグラ樹皮エキス、キハダ樹皮エキス、ハチミツ、ダイズ油、レウコノストック/ダイコン根発酵液、カンゾウ根エキス

ブランド アルテ(ARTE)
商品名 オーガニッククレンジング
内容量 150ml
価格 2,700円(税込)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-アルテ(ARTE)

Copyright© Herbal Beauty , 2018 AllRights Reserved.