アルテ(ARTE)

アルテ ローズモイスチャークリームの口コミ!日本一厳しい基準で作られた乾燥肌のためのオーガニックコスメ

投稿日:2018年11月17日 更新日:

日本オーガニックコスメ協会のブランド、アルテ(ARTE)の「ローズモイスチャークリーム」を使っています!

無農薬のオールドローズを自分たちで育てるところから始めたという「国産オーガニックローズシリーズ」は、ローズの美容効果に着目した乾燥肌・年齢肌のためのライン。

海外のオーガニック基準より、はるかに厳しい基準で作られたオーガニックコスメでありながら、続けやすい価格も魅力♪

年齢によるカサつきの気になる方にオススメのクリームです!

公式サイトアルテ(ARTE)

スポンサーリンク

自然界に存在する素材だけで作られた、乾燥肌のためのオーガニッククリーム

34種類の植物がうるおい肌へと導く

アルテのベースに流れているのは、「与えるのではなく引き出す」という考え方。

一般的な化粧品は、「肌に何かを与える」という考え方なのですが、外から補ったものを肌は自分のものとして認識しません。

そうではなくて、植物のチカラで肌本来の働きを引き出し、サポートしてあげようというのがアルテの考え方なんです!

皮脂分泌の低下した乾燥肌をサポートするのは、「ゴマ油」と「ガリカバラ」。

ガリカバラは、別名、アポセカリーローズ(薬剤師のバラ)と呼ばれ、中世ヨーロッパでは薬用として栽培されてきたバラなのだそう。

こっくりとした「シアバター」はうるおいを長時間キープ。

さらに、カミツレ・ドクダミ・甘草・トウキ・紫根といった和漢植物のエキスは、うるおいと透明感あふれる肌へと導きます♪

肌本来のうるおいを蓄えるチカラ、健やかな肌環境へと整えてくれる植物成分が全部で34種類とたっぷり!

それぞれの植物は組み合わせることで相乗効果を狙っています。

合成界面活性剤不使用!レシチン乳化のクリーム

化粧品を作るには、「水」「油」、2つの成分を混ぜ合わせる「界面活性剤」の3つが必要です。

クリームに含まれる界面活性剤はクレンジングほど多くはありませんが、それでもアルテでは合成界面活性剤は使用していません。

肌のバリア機能に負担がかかること、細胞毒性や長期使用による肌への影響。
そして、ほんの少しの合成成分で植物本来のパワーが発揮されなくなってしまうから。

アルテのクリームに使われている界面活性剤は「レシチン」。
大豆や卵など自然界に存在する物質で、ヒトの細胞膜を構成する成分でもあり、皮脂を乳化して皮脂膜を作っているのもレシチンです。

レシチンだけでクリームを作り、長く安定させるのは難しいのですが、アルテでは、レシチンにローストビーンガムを組み合わせることで、植物のパワーを最大に活かしたクリームが完成しました。

アルテの製品はすべてJOCA推奨!オーガニックへのこだわりが凄い

アルテ(ARTE)は、理想的なオーガニックコスメを提案するためにJOCA(日本オーガニックコスメ協会)が立ち上げたブランド。

アルテの製品はすべてJOCAの推奨品です。

自然界にある素材だけで作られており、植物由来の合成成分・植物由来のBGなど自然界に存在しないものはすべてNG!
有名な海外のオーガニックコスメ認証より、はるかに厳しい基準で作られています。

アルテ ローズモイスチャークリームを実際に使ってみました!使用感レビュー

白いラベルにローズのイラストとロゴがあしらわれただけの、手作り化粧品のようなシンプルな容器です。

ボトル部分はガラス製。

出し口はポンプ式です。

アルテのクレンジングもそうですが、数日使わないとポンプ内でジェル成分が固まったり、量が少なくなると出にくくなったり…… などは少々気になりますが、自然成分にこだわっているので仕方ない部分ですね。

容器がエアレスポンプになっていたら、最後までスッキリ使い切れて嬉しいのだけれど……

ワンプッシュ出してみたところです。

植物エキスというと茶色っぽいイメージですが、アルテのクリームはなんと、可愛らしいピンク色のクリームなんですよ〜♪

この色は、紫草の色。
荒れた肌、紫外線ダメージを受けた肌のケアに向いているハーブです。

合成着色料と違い、可愛い見た目だけでなく、スキンケア効果まで期待できるのがいいですよね。

トゥルンっとした、モタっとした、独特なテクスチャーです。
合成成分を入れたものは別として、オーガニックコスメのクリームって、オイルっぽいのが多いですが、アルテのクリームはみずみずしいのです!

クリームと乳液の中間のような感触なの。

肌に化粧水が残った状態だと、ちょっとヌルッとする感覚で馴染みにくいので、化粧水の浸透をしっかり待ってから塗るのがオススメです。

馴染むと肌の一部になってしまうかのような感覚で、塗りたてはしっとりみずみずしく、プリッとハリのあるお肌に。

少しすると、表面はサラッと、内側は潤った状態に落ち着きます。
合成成分不使用なので、いつまでもモチモチはしていません。

公式サイトには「高保湿クリーム」とありますが、一般的には「軽いクリーム」の部類に入るんじゃないかな。

夏も冬も、オールシーズン使えるクリームだと思います。

ただ、乾燥肌の私は、冬は2回重ねづけしてもちょっと物足りない……
美容液としてオイルを足すか、部分的にバームを足してちょうどいい感じですね。

それでも、クリームに配合された34種類の植物成分が、うるおいを蓄えられる健やかな肌環境へと整えてくれるそうなので、じっくり使っていきたい!

市販のクリームと変わらない使用感のオーガニックコスメって増えてますが、そういうのって必ず植物由来の合成成分は配合しているんですよね……
(植物由来なら合成でも天然由来成分って書けますから)

アルテは合成成分ゼロ。
自然界に存在する素材だけでこんなクリーム作れるなんて、本当にスゴイ!

お気に入りの1本になりましたよ♪

アルテ ローズモイスチャークリームのまとめ

34種類もの植物成分がギュッと詰め込まれた、美容液のようなローズ モイスチャークリーム。

自然界に存在する成分だけで作られたこだわりのクリームでありながら、価格は40mlで3,024円(税込)!

アルテは続けやすい価格も魅力ですね♪

公式サイトアルテ(ARTE)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-アルテ(ARTE)

Copyright© Herbal Beauty , 2018 All Rights Reserved.