乾燥、くすみ、ハリ不足にオーガニックの本格エイジングケアクリーム!ブルークレール ローズクリームリペアコンセントレート

投稿日:2017年7月25日 更新日:

これぞ究極のエイジングケアクリームかも?!と思えるような、素敵なクリームに出会ってしまいました!

それが、ブルークレールの「ローズクリーム リペアコンセントレート」。

肌に溶け込むような優しい感触で、お肌にぷりんっとしたハリと弾力、しなやかさが出て、お肌が芯から強くなるような、そんな実感を与えてくれるエイジングケアクリームなんです!

じっくり使ってみたので、こだわりや使用感などを詳しくご紹介しますね^ ^

まずはお試しブルークレール

ブルークレール ローズクリーム リペアコンセントレートってどんなクリーム?

ブルークレールは、オーガニック原料とエイジングケア成分をたっぷり使ったオーガ一ニックコスメ(無添加化粧品?)のブランド。

無添加化粧品といっても、

  • 石油由来成分は使わない
  • エキスの抽出にはエタノールはもちろん、BGすら使わない
  • たとえ植物由来でも合成界面活性剤は絶対に使わない
  • キャリーオーバーゼロ

などなど、エコサートなどをはるかに上回る厳しい基準で作られた、「本物」と呼べるエイジングケアブランドなんです!

中でも今回ご紹介する「ローズクリーム リペアコンセントレート」は、美容液のように贅沢なエイジングケアクリーム。

2005年、デパートで1個数万円にも関わらずセレブに人気だった「奇跡のクリーム」を手に取った、ブルークレール開発者の松田さんは、「これならもっと良いものが作れる」と確信して開発に乗り出したのだそう。

そのクリームってたぶん、「クレーム・ドゥ・ラ・メール(のちにニベア缶に似ていると話題になり、ニベア大ブームを起こしたアレ)」のことだと思うんだけど……

そんな奇跡のクリームにインスパイアされて開発すること10年、ついに完成したローズクリーム リペアコンセントレートは、

無添加:合成保存料、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成紫外線吸収剤、シリコンオイル、鉱物油、合成着色料、合成香料は全て無添加。

オーガニック成分と肌構成成分など53種類、全て肌にいい成分だけで作った本物のエイジングケアクリームです。

4つの海藻・海浜植物を配合したエイジングケアクリーム

オーガニック・エコサート認証取得成分21種類、天然植物成分29種類、セラミドなど肌の構成成分、2種類のペプチド成分など盛りだくさんな内容。

和漢植物エキスやビサボロール、2種類のビタミンC誘導体アルジルリンなど豪華なエイジングケア成分も魅力ですが、中でも注目なのが、4種類のオーガニックの「海藻・海浜植物」です!

(先ほど、ドゥ・ラ・メールの名前を出しましたが、このクリームの「肌の再生」がテーマの訴求成分が藻草エキスなのです)

ブルークレールに配合されているのは、

  1. リモニウムゲルベリエキス(イモーテルブルー)
  2. クリスマムマリチマウカルス培養液(幹細胞エキス/stem cell)
  3. アラリアエクスレンタエキス(褐藻エキス)
  4. アルゲエキス(褐藻エキス)

の4つ。

すべて、海藻の力で身心やお肌のバランスを整える「タラソテラピー」発祥の地 フランスのブルターニュ地方で採れたオーガニックのもの。

クリスマムマリチマウカルス培養液は、海のフェンネル由来の幹細胞エキス
幹細胞は様々な組織に分化する細胞のもとのようなもので、成長に必要な栄養成分を備えています。

アラリアエクスレンタエキスは、プロジェリンというタンパク質に働きかけると言われる成分です。

プロジェリンは老化を測る「老化マーカー」とも呼ばれるタンパク質で、加齢とともに蓄積することがわかっています。

オメガ-3、6、9を豊富に含むアルゲエキスは、アルガンオイルやレスベラトロールをはるかに上回るORAC値(抗酸化の値)が出ているとか。

また、これら4つの藻草・海浜植物のエキスは、糖化にも影響力が高いのだそう!

ローズクリーム リペアコンセントレートには、これらの過酷な環境で育った藻草・海浜植物を、高濃度で配合しているそうですよ!

【全成分】
水、植物性スクワラン(サトウキビ由来)*、プロパンジオール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ベヘニルアルコール(菜種由来)、ステアリン酸、テオブロマグランジフロルム種子脂(ブラジル産クパスバター)*、レウコノストック/ダイコン根発酵液、ホホバ種子油*、アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)*、シア脂*、クリスマムマリチマムカルス培養液(海浜植物由来の幹細胞/stem cell)*、アルゲエキス(褐藻エキス)*、アラリアエクスレンタエキス(褐藻エキス)*、リモニウムゲルベリエキス(シーラベンダー”イモーテルブルー”)*、水溶性コラーゲン、セラミド3、セラミド6II、スフィンゴ糖脂質(発酵セラミド)、リン酸アスコルビルMg、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、アセチルヘキサペプチド-8(アルジルリン)、ヘキサペプチド-10、ビサボロール(カンデイアの木由来)*、コンドロイチン硫酸Na、プラセンタエキス、ダマスクバラ花エキス*、ダマスクバラ花水*、アケビエキス(植物性プラセンタ)*、オウゴン根エキス、クズ根エキス(カッコンエキス)、マグワ根皮エキス(ソウハクヒエキス)、ドクダミエキス、ビワ葉エキス、キハダ樹皮エキス(オウバクエキス)、ヒアルロン酸Na*、シロキクラゲ多糖体**、アロエベラ葉汁*、ミツロウ*、レシチン、ダマスクバラ花油*、マンダリンオレンジ果実エキス*、ビターオレンジ果実エキス*、オレンジ果皮エキス*、乳酸桿菌/コメ発酵物、トコフェロール 、グリセリン*、アルギニン、アスコルビン酸、クエン酸、クエン酸Na、マルチトール、乳酸
※全成分においてキャリーオーバー無し *印:オーガニック認証取得原料を使用 **無農薬栽培原料を使用

ブルークレール ローズクリーム リペアコンセントレートを使ってみました

深いブルーの神秘的なパッケージは、化粧水や美容液とお揃いの、世界遺産白神山地の十二湖の一つ、青池をイメージしたもの。

ブルークレールのベースに使われているベースの水は、白神山地の湧き水。
超軟水だからとても肌当たりがやわらかく、日本人のお肌と相性がいいのだそうです。

クリームの容器も、コロンっとしていて可愛らしいです。

このように専用のスパチュラもついていました。

防腐剤を最低限に抑えているので、衛生面はやはり気を使いたいところ。
指でそのままというのは、ちょっと怖いです。

中のクリームは真っ白ではなく、クリーム色です。
植物エキスそのものの色が、わかるくらいしっかり配合されているということですね。

リッチでコクがあって、でもとろけるように柔らかなクリーム。
香りはローズ系ですが、甘いというより爽やかさがほのかに香ります。

植物性スクワラン、テオブロマグランジフロルム種子脂、ホホバオイル、アルガンオイル、シア脂などがベースになっています。

テオブロマグランジフロルム種子脂はクプアスオイルとも呼ばれるもので、抗酸化作用や乳化作用、紫外線吸収作用、水分を抱え込む抱水力をもつ、貴重なオイルです。

写真だと一見、白く浮いてしまいそうに見えるのですが、ここから体温でふわっとトロけて、お肌にするんっと溶け込むように馴染んでしまうんです!

肌に膜をはるって感じが全然なくて、こっくりした美容液が肌に溶け込むようなイメージ?!

お肌の内側からふっくら守られるような、お肌のバリアが強くなるような、そんな不思議な感覚なんです。

たくさんの成分が詰め込まれていると、しかもエイジングケアを狙って生命力の高いものをわざわざ使っていると、私の場合、が負けて刺激に感じてしまうことが多いのですが、
(アムリターラとか、テラクオーレとか…… )

ブルークレールは本当に優しく包み込んでくれるような感触で驚き!

ブルークレールのクリームはどれも肌馴染みが良くて、塗るっていうより、補ってるって感じがイイ。
トライアルで使って、この使用感に一目惚れしてしまって^ ^

オーガニックだけどベタつきが少ないから、夏の乾燥対策にも使いやすいです。

ただ、石油由来・植物由来に関わらず合成界面活性剤は一切不使用とあって、少々分離しやすい感はあります。
最後の方でちょっぴり水分が出てきちゃったりとか…… 。

でもでも!
そんなの気にならないくらい、お肌がイイ感じなのです!

保湿力がバッチリでしっとり、ぷりんっとしたハリと弾力が出るから、シワっぽさも気にならなくなったし、くすみが抜けて透明感も出る感じで……

オーガニックでこの満足感の高さは、私にはかなり衝撃。

3人目を産んでから、一気に5年分くらい年を取ったような気がしてたんだけど、そんな私の肌がたった1つのクリームで元気を取り戻しつつあります!
知ってしまった今、もう手放せないのでは?とちょっぴり怖いくらい^ ^;

本製品は30gで13,000円とそれなりにいいお値段ですが、内容を見れば安いくらいかも?!

初めての方は、今回ご紹介したローズリペアクリームを含む9品を1週間お試しできて、1,580円(税込)のトライアルセットがおすすめです^ ^

まずはお試しブルークレール

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ブルークレール(blue clair)

Copyright© Herbal Beauty , 2017 AllRights Reserved.