Herbal Beauty

オーガニックコスメとミネラルファンデーションの口コミレビューブログ

HANAオーガニック ウェアルーUV徹底レビュー。紫外線・ブルーライトからお肌を守る肌に優しい日焼け止め

投稿日:2017年4月6日 更新日:

ノンケミカル・オーガニックで、白浮きせず、使用感のいい日焼け止めってなかなかありませんよね?

汗で落ちてけっきょく焼けちゃう、肌がワントーン明るく……なんて言葉で白浮きがごまかされてるような日焼け止め、多くないですか?

そんな方にオススメなのが、HANAオーガニック ウェアルーUVなんです!

肌に負担をかけず、紫外線だけでなく、あらゆる日中ダメージからお肌を守る肌に優しい日焼け止め。

  • 日焼け止めを塗ると乾燥する
  • 白浮きしないノンケミカル・オーガニックの顔用の日焼け止めって無いの?
  • スマホ焼けが気になる、ブルーライトもカットしたい!
  • PM2.5、大気汚染物質からも肌を守りたい!

こんな方には、全力でオススメしたい顔用の日焼け止めです^ ^

公式サイトウェアルーUV 公式ページへ

ウェアルーUVは簡単にいうと、こんな日焼け止めです

HANAオーガニックは国産オーガニックコスメのブランドなのですが、年齢以上の老け見え・老化を引き起こす「慢性炎症」に着目しているのがポイント。

ウェアルーUVは、肌に負担をかけずに紫外線を防ぐのはもちろん、乾燥、ブルーライトPM2.5などの大気汚染物質酸化ダメージなどあらゆる日中ダメージを防ぐことをコンセプトに作られた日焼け止めです。

お肌の免疫力を整え、炎症を未善に防ぐ成分まで配合されているんですよ!

すごいのは、これらすべてを天然由来原料のみで、オーガニック品質で実現しているということ!

天然由来成分100%、植物の99.7%はオーガニック原料、防腐剤も乳酸桿菌/ダイコン根発酵液など植物由来のものを使用。

軽く色づく化粧下地&ライトファンデーションのタイプなので、しっかり塗っても白浮きは全く気になりませんし、UV対策と一緒にベースメイクもできちゃう。

クレンジング不要、石鹸で落ちるので、落とす時も楽ちん。

みずみずしいのに保湿効果もしっかりあって、春夏はもちろん、秋冬まで、1年を通して快適に使えちゃう、そんな日焼け止めなんですよ♪

オーガニック・ノンケミカルの日焼け止めからミネラルファンデーションまで色々使ってきた私ですが、ウェアルーUVは継続してリピートしているお気に入りの1本です^ ^

ウェアルーUVの全成分はこちら。

ダマスクバラ花水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、酸化チタン、プロパンジオール、スクワラン、グリセリン、ラウリン酸ポリグリセリル−10、ベヘニルアルコール、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸ポリグリセリル−10、インドネシア、マレーシア、水、酸化亜鉛、ポリヒドロキシステアリン酸、イザヨイバラエキス、α-グルカンオリゴサッカリド、ローズマリー葉エキス、クリスマムマリチマムエキス、カカオ種子エキス、オウゴン根エキス、ツバキ種子油、コメ胚芽油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オニサルビア油、イランイラン花油、ビターオレンジ葉/枝油、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、プルラン、オクチルドデカノール、ステアロイルグルタミン酸Na、アルミナ、ステアリン酸、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、ホホバエステル、エタノール、BG、シリカ、酸化鉄、マイカ、ラウロイルリシン、水酸化Al、ステアロイルグルタミン酸2Na

注目は、水ではなくローズウォーターが、それも通常は含まれないローズオイルが残ったままの濃いローズウェーターがベースになっていること!

抗酸化作用、抗炎症作用に優れるローズたっぷりと配合されているから、紫外線を防ぎつつ、万が一、防ぎきれなかったダメージもしっかりケアしてくれるんです。

その辺が、ただ無添加・ノンケミカルなだけの日焼け止めと、オーガニックコスメの日焼け止めの違いかもしれませんね。

ウェアルーUVの使用感と仕上がり。写真つき

HANAオーガニックは、パッケージがいつも素敵。
ウェアルーUVは深い紫色のお花がプリントされています。

SPF30 PA++ ブルーライトカット
ブルーライトはブルーライトを反射する特殊な酸化チタンと、白いカカオのエキスを組み合わせてカットする仕組み。

ボトルはプラスチック製で、白が基調のシンプルなもの。
プッシュタイプで使いやすい。

内容量は30mlで、私はいつも3ヶ月でピッタリ使い切るくらいの量です。

ちょっと出してみたところ。
見てのとおり、肌色なんですねー。

みずみずしいミルクタイプで、ほのかなローズの香り付き^ ^

塗り方は、まずしっかり1プッシュを頰・おでこ・鼻・顎に5点置きして、ムラなく伸ばします。
さらに軽く1プッシュとって、シミのできやすい頰の高いところ、おでこ、こめかみを中心に重ねます。

一般的なリキッドファンデやBBなどに比べると少々フィット感に欠ける感はありますが、ていねいに馴染ませればキレイに馴染んでくれます。

紫外線カット効果のある植物をバランスよく組み合わせることで、紫外線カット剤の量を最小限に抑えているから、白浮き・乾燥しにくい。

ミネラルも直接お肌に触れないよう、植物成分でコーティングされていて、敏感肌にも優しいんですって^ ^

水をかけてみると、白くならず、見事に弾いてくれました!
以前より皮脂崩れに強くなっていそうな気がします。

花粉の時期はマスクもしてますが、ウェアルーパウダーを重ねるとマスクにもほとんど付きませんでしたし。

かといって落ちにくいということはなく、石鹸でさっと落ちるのがいいですよね♪

というわけで、実際に肌に塗って見た写真がこちら。
上気したような、お肌がうるんっと潤ったような独特なツヤ感が出ます。

ファンデーションと違って薄く色づく程度ですが、光の効果でアラを隠すため、ミネラルファンデーション程度のカバー力はあります。

私はベースメイクとして使っちゃってるくらいですから^ ^;

透明感もアップして、素肌がキレイな人に見えます。
ツヤタイプなのに毛穴や小じわが悪目立ちしないのもイイ!

しっとりしていて、ピンっとハリも出る感じで、これはまさに色付きの美容液
塗ってる方が肌の調子がいいくらい、肌負担を感じさせない日焼け止めなのです。

メイク効果重視の方にはすすめませんが、お肌に負担の少ないメイクや日焼け止めを探しているならイチオシです。

紫外線防止効果&持ちをよくするために、そしてテカリを抑えるために、何かしらのパウダーは重ねた方がよいかも。

ルースパウダー、パウダータイプの日焼け止め。
カバー力が欲しい方はルースタイプのミネラルファンデでも。

ちなみに私は、HANAオーガニックシリーズのウェアルーパウダーを使っています。
テカリを抑えつつ、やわらかくツヤ感が残るので気に入ってる♪

ウェアルーUVの色選び。オススメは?

ウェアルーUVの色は、イエローベージュピンクベージュの2色展開になってます。

ピンクベージュは青と赤の光を選択的に反射する偏光パールが使われていて、お肌のくすみを飛ばし、血色感を与えてくれます。

明るめのお色で、色白ブルーベースはもちろん、お肌をワントーン明るいイメージに仕上げたい方にオススメの色。

透明感のある仕上がりが素晴らしいし、顔色もよく見えるし、個人的にオススメしたい色!
なのですが、夏場は特に、黄みの強い肌、日焼け肌だとちょっと浮きやすい色ではあります……

イエローベージュは、イエローベースであれば間違いなく馴染むナチュラルなお色。
ただし、ピンクベージュと違って、青と赤の光を選択的に反射する特殊なパウダーが配合されていません。

ピンクベージュに比べると、ちょっとくすみやすい気がしてしまいます。
イエローベージュを使う場合は、ハイライトなどをうまく使うと、生き生きした印象に仕上がりますよ。

トライアルセットでは2色とも試せるので、迷っている方はトライアルを試してみるのもアリですね。

公式サイトウェアルーUV 公式ページへ

ウェアルーパウダー ルーセントについて

ウェアルーUVのツヤが抑えられて、セミマットな陶器肌になります。

SPF20・PA+、天然由来成分100%のフェイスパウダー。
炎症を未然に防ぐイザヨイバラエキス、皮膚常在菌を整えるバイオエコリアも配合されていますよ。

肌色に見えますが、クリアタイプで色はつきません。
青と赤を反射する偏光パールは入っているので、くすみを飛ばし、血色感を与えるメイク効果はあります。

まあるいミラー付きのコンパクト。
コーデュロイ素材のパフ付きですが、私は普通のスポンジで載せる方が好きだったり。

コンパクトなので持ち運びに便利だし、粉飛びもなし。
朝ウェアルーUVをしっかり塗ったら、あとは崩れの気になる時にウェアルーパウダーでお直しすればOK。

日焼け止めの塗り直しにもなるし、便利です、ホント。

将来のお肌を考えたら、HANAオーガニックを選びたくなる理由!日中ダメージが年齢以上の肌老化につながる?!

年々強くなる紫外線、ブルーライト、大気汚染物質、オフィスの空調など、現代女性の肌は想像以上に過酷な環境にさらされています。

私自身もそうですが、30代〜40代にかけて「紫外線に弱くなった」「赤みや湿疹が出るようになった」などと感じることはありませんか?
実は、ミドルエイジを迎えた肌は若い頃よりも紫外線ダメージを受けやすくなっているのだそう。

さらに現代女性の肌には、ストレス、乾燥、皮膚常在菌バランスの乱れなど、様々な肌ストレスが重なります。

これらに共通しているのは、肌に慢性的な炎症を起こし「年齢以上に老けて見える」実年齢以上の老化や、原因のはっきりしない肌トラブルに繋がるということ。

だからHANAオーガニック ウェアルーUVは、紫外線、ブルーライト、大気汚染物質乾燥、酸化ダメージなど、あらゆる日中ダメージからお肌を守る!ということにこだわっているんです。

こんなに対応してるよ!

  1. 紫外線→天然ミネラル
  2. ブルーライト→特殊な酸化チタン、白いカカオのエキス
  3. 大気汚染物質→オウゴンエキス
  4. 酸化ダメージ→ローズ、ローズマリーエキス
  5. 乾燥→スクワラン、椿油、米ぬか油
  6. 炎症を起こしにくい肌に→バイオエコリア、イザヨイバラエキス

炎症と老化の関係はコスメ業界でも注目

慢性的な微弱炎症とは、簡単いうと本人が気づかないくらいの小さな肌荒れが常に続いている状態なのですが、現代女性にはこの慢性炎症状態の方がものすごく多いんですって。

炎症と老化の関係は今、化粧品業界でもとても注目されていて……

例えば、日本初のシワに効く化粧品として発売され話題になったPOLAのリンクルショット(ニールワン)も、肌の炎症とコラーゲン破壊の関係に着目した研究の末、生まれたというくらい。

お肌に炎症が起こると、メラノサイトが刺激されてシミ・くすみが出やすくなったり、コラーゲン分解酵素が増えてハリの低下・シワ・たるみが出やすくなったりと、老化が進みやすくなることが分かっているんです。

もちろん、慢性的な微弱炎症は、心理的ストレスや自律神経・ホルモンバランスの乱れなど、様々な要因が関係していますが……

日焼け止めを塗るだけで、日中の外部ダメージからお肌を守れるなら、いいなって思うんです^ ^

新しく配合されたイザヨイバラエキス、オウゴンエキスについて

「イザヨイバラエキス」は、炎症を未然に防ぐことを狙って配合された成分です。

炎症とは、体が熱・赤み・痛みなどをもった状態のこと。
炎症は体内に侵入してきた細菌やウイルスと戦うための免疫の働きなのですが、細菌やウイルス以外に、私たちの細胞の中にも免疫系を刺激して炎症を引き起こすDAMPs(ダンプス)と呼ばれる分子が存在するのだそうです。

細胞がストレスに晒されたり、細胞が死んだりした時にも、細胞の中からDAMPsが放出されて炎症を引き起こしてしまうんですって。

今回、ウェアルーUVに配合されたイザヨイバラエキスは、こうした自然炎症を未然に防ぐというデータが出て、化粧品原料展示会PCHi China 2017でも2部門で受賞した成分。

イザヨイバラエキス自体は、以前から皮脂抑制作用を期待して配合されてきた成分でもあるので、皮脂崩れを防ぐ効果、なども期待できるかもしれませんね。

また、環境ストレス対策として配合されているのが、漢方でも使われている「オウゴンエキス」

抗炎症効果のほか、コラーゲン分解酵素MMP-1などを活性化するAhR-CYPシグナルを抑制する作用や、活性酸素を除去する酵素SODと似た働きをすると言われています。

まとめ

色々書きましたが、とにかく私はウェアルーUVが好きだー!ということを伝えたくて^ ^;

そしてウェアルーUVをファンデ代わりに使うようになってから肌荒れ知らずになり、何度もリピートしています。

ファンデ塗ってないみたいな軽さ、心地良さ、石鹸で落ちる手軽さ。
美容液ベースでしっとり保湿、もっちりハリも出る。

敏感肌の方は、トライアルセットにも入っているので、よければチェックしてみて下さいね^ ^

公式サイトウェアルーUV 公式ページへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-HANAオーガニック

Copyright© Herbal Beauty , 2017 AllRights Reserved.