HANAオーガニック ホワイトジェリー発売!漢方を取り入れたオーガニック美白美容液!

投稿日:2016年2月15日 更新日:

HANAオーガニック ホワイトジェリーが発売になりました!

発売にちなんだ美白セミナーで、ホワイトジェリーについても詳しく聞けたのでご紹介!
前半はホワイトジェリーのこだわりについて、後半はホワイトジェリーの使用感とウェアルーUVの新色についてお伝えしていきます^ ^

公式サイトhttp://www.hana-organic.jp/campaign/n_trialb/bihaku_3set/index.html?ad_code=A0415&utm_source=a8&utm_medium=affiliate&utm_campaign=white_trial&utm_expid=.cfdv4GVSRQ63QLeSzEYo5Q.1&utm_referrer=

なぜわざわざ美白美白美容液を作ったのか?

hanaorganic1

HANAオーガニックのムーンナイトミルクはもともと、「シミを追い出せる肌に」がコンセプト。
ローズやバイオエコリアで肌を元気にすればメラニンは作られなくなるという発想でオーガニックならではの美白を訴求した商品でした。

ではなぜ、わざわざ美白のスペシャルケアを作ったのか?

それは4000人以上の女性に会ってインタビューを続ける中で、シミに悩む女性達の悩みが想像以上に深い事が分かってきたから。

シミが気になって買い物にも行けない、スタッフの目が気になって店舗で化粧品を買えない、お見合い写真と現実のギャップに耐えられず結婚を諦めた女性など・・・

そうした女性達が自信を取り戻し、輝きを取り戻すためには、もっと効果的な美白ケアアイテムがあってもいいのでは?
そう感じたからなのだそうです。

また、スキンケアを怠ってきた女性がシミをきっかけに強い美白化粧品を使うと必ずと言っていいほど肌荒れする。
だから敏感肌でも使えるものにしたかった、といったお話もされていました。

効果を高めるため、0.5%でもケミカルな美白成分を配合した方がいいのでは?といった意見も出たそうですが、最終的には正真正銘100%オーガニックの美白美容液が出来上がっています!

さすがはHANAオーガニック。

20年以上続くアトピーの炎症を抑える漢方レシピを採用

whitejelly1

ホワイトジェリー1つめのポイントは、漢方を配合している事。

メラニンは弱った肌を守るためにできるもの。
シミのもとをただせば、まずはメラノサイトを活性化する炎症を抑える必要があるとの考えから、

大阪で80年以上続く漢方の老舗 山田薬研とコラボし、アトピー性皮膚炎の炎症を抑える処方の漢方レシピを採用しています。

漢方って中国のものだと思っていたのですが、中国から伝わった薬草学を日本の温暖湿潤な気候や体質に合わせて処方が組み直された、日本の伝承療法なんだって。

・君臣佐使(くんしんさし。主剤と副剤を決める漢方特有の相乗効果を高める配合法)

・熱温平涼寒(陰陽五行による食材の分類法。症状に合わせて体を温める食材、冷やす食材を使い分ける)

といった伝統的な考え方で肌バランスを整える事を目指した漢方のレシピです。

炎症の熱を静める桑白皮(ソウハクヒ)や黄檗(オウバク)、朝鮮アザミ(アーティチョーク)、薏苡仁(ヨクイニン、ハトムギ)。

逆にエネルギーを与えメラニン排出を促す薔薇(ダマスクローズ)、朝鮮人参、陳皮(チンピ。マンダリンの皮)など9種類を配合し、

数千の植物化学成分が相乗的に働いて、全体が中庸になるようバランスのとれたHANAオリジナルのレシピになっているのがポイントです!

アトピーの炎症ケアにもいいかもしれない

もともとアトピー性皮膚炎の炎症ケアとして使われてきた漢方のレシピなので、やはりアトピー体質の方とも相性がいいのでは?と思います。

また、陳皮(マンダリンオレンジ果皮)は表皮の細胞同士の結び付き「タイトジャンクション」を強化し、丈夫な角質が育つようサポートしてくれる効果もあるそうです。

日焼け後のクーリングなど、肌が炎症を起こしている時のケアにも良さそうですね^ ^

アーティチョーク葉エキスがメラニン生成をブロック!

もう1つのポイントが、一丸ファルコスとのコラボ。
50年以上、生薬をはじめ植物成分を開発してきた会社です。

メラノサイトにメラニン生成の命令を運ぶ情報伝達物質の発現因子であるNF-kBを突き止め、NF-kBを抑制する成分シナノピクリンをアーティチョーク葉エキスが豊富に含む事を突き止めました。
簡単に言うと、メラニンが作られる1番最初の行程を防ぐという事です。
(意味が分かんない人はこちらの記事も見てね)

NF-kBは肌表面に近い部分が関与している事が分かっており、皮膚への塗布でも十分な効果を上げる事がデータとして出ているそうです!
マックスファクター SK2の美白美容液にも、このアーティチョークが使われているとか。

一丸ファルコスでは、アーティチョークの中でも特にシナノピクリンが豊富な葉から抽出する事にこだわっているそうですよ。

余談ですが・・・

6月発売予定のホワイトクリームには天然型のビタミンC誘導体が配合され、さらにシミに訴求したアイテムに仕上がっています。
こちらも楽しみですね^ ^

HANAオーガニック ホワイトジェリーの使用感は?

whitejelly4

ホワイトジェリーは、ムーンナイトミルクにプラスするジェルタイプの美容液。
油分が入っていないため、単体ではなく乳液やオイルなどの保湿剤は必要との事。

フローラルドロップのあと、ムーンナイトミルクの前に使います。
ケミカルなスキンケアと組み合わせる時は、化粧水の前に。

今回、触らせていただけので使用感をご紹介。

whitejelly2

ムーンナイトミルクのボトルと比べるとサイズ感が分かりやすい。
けっこう小さい印象ですが、1回1~2プッシュで1ヶ月はしっかり使えるそう。

whitejelly6

黄色味の強い透明感のあるジェルです。
この色はオウバクという漢方の色なのだそう。

whitejelly7

この粘りけは白キクラゲ多糖体によるもの。
ヒアルロン酸などと同じムコ多糖類で保水力に優れます。
とくに珍しい成分ではありませんが、ここまで粘りけがでるほど配合されているのは見た事がありません。

whitejelly8

伸びはとてもよく、意外にもベタつきはゼロ。
肌にス~っと入っていく感じで、HANAオーガニックらしいさらりとした仕上がり。

この後にムーンナイトミルクを重ねますが、ホワイトジェリーにも保湿力があるので使用量は少なくて済みそう。
ムーンナイトミルクでは保湿力が足りなかった方にもおすすめです^ ^

whitejelly3

HANAオーガニック ホワイトジェリーはトライアルセットでもお試しできます!

ムーンナイトミルクと合わせてライン使いでお試しできるので、こちらもチェックしてみてくださいね^ ^

公式サイトhttp://www.hana-organic.jp/campaign/n_trialb/bihaku_3set/index.html?ad_code=A0415&utm_source=a8&utm_medium=affiliate&utm_campaign=white_trial&utm_expid=.cfdv4GVSRQ63QLeSzEYo5Q.1&utm_referrer=

ウェアルーUVの新色 イエローベージュも発売になります!

wearlure1

メラニン生成を抑制する美白化粧品を使うときは、日焼け止めを必ず使いましょう!

という事で、同じく3月14日にウェアルーUVの新色 イエローベージュも発売になります!

wearlure2

私もそうですが、イエローベースで色が黒めだと、これまでのウェアルーUVは顔と首の境目が気になる感じだったんですよね^ ^;
今回、そんな愛用者さん達の口コミから肌馴染みのいいイエロー系が出るんです。

こちらも触らせていただけました~。

ピンクオークルとイエローベージュの色比較

wearlure3

分かりやすいように、既存のウェアルーUVと比較してみます。

wearlure4

イエローベージュといってもオレンジがかった感じ。

wearlure5

伸ばしてしまうと塗っているのが分からないくらい自然に馴じんでますね~。

ただし、イエローベージュは血色よく見せてくれるウェアルー特有の効果を持ちません。
顔のセンターはこれまでのピンク系、顔周りはイエローベージュと2色づかいにするのが、HANAオーガニックとしてはおすすめなのだそうですよ。

公式サイトウェアルーUV 公式ページへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-HANAオーガニック
-, ,

Copyright© Herbal Beauty , 2017 AllRights Reserved.