乾燥肌・アトピーにおすすめの馬油石けん!池田さんの石けん「さくら蜜石鹸」を使ってみました

投稿日:2017年5月31日 更新日:

九州産馬油を使った「池田さんの石けん」を使ってみました!

さくら蜜石鹸は、ほのかな甘い香りとしっとりとした優しい洗い上がりが魅力。

今回は、アトピー、敏感肌、赤ちゃん用の石けんとしても人気の池田さんの石けんをレビューしていきます。

公式サイトネオナチュラル

毎回試食してから届く!池田さんの石けんとは?

池田さんの石けんは、原料の油脂に九州産の馬油を100%使い、石鹸職人の池田さんが釜焚きけん化法(枠練り)で作った無添加の石鹸です。

シンプルな馬油石鹸はもちろん、桜はちみつ・ゆず・米ぬかなど日本の伝承素材を配合したバリエーションもたくさんあって選ぶのが楽しいです♪

手作りなので品質を一定に保つため、毎回試食してから届く、というのが特徴。

環境によって微調整を加えることで初めて、一定の品質を保つことができる、まさに職人技。
天然成分だけで作られているからこそ、できる方法でもありますね。

赤ちゃん・アトピー肌にも人気!敏感肌や乾燥肌さんにおすすめ

馬油の成分は人の皮脂に非常に近い組成であり、洗浄力がとても優しいので乾燥肌に向いています。

釜焚き法の石鹸は塩析といって不純物を取り出し、石鹸の精製度を高めることが多いのですが、池田さんの石けんはグリセリンなど成分を丸ごと残しているため、洗浄力がさらにマイルド!

ネオナチュラルは、もともとアトピーに悩む我が子でも安心して使える天然素材を使ったスキンケアを作りたい!という社長様の想いから始まったブランド。

そういった経緯もあり、天然由来成分のみの石けんということもあって、敏感肌やアトピー肌、赤ちゃんや子供にも人気の石鹸です。

さくら蜜石鹸の特徴

池田さんの石けんは全部で8種類あります。

  • 馬油石けん
  • 柚子はちみつ石けん
  • さくら蜜石鹸
  • ハニーフェイシャルソープ桜
  • マヌカ石鹸
  • 米ぬか白石けん
  • 竹炭石鹸
  • 八女茶石けん

このレギュラー商品のほか、さくら石鹸、ヘチマ石鹸、ラベンダー石鹸など、季節限定発売の石鹸もあって、本当にバリエーション豊かなラインナップになってます。

植物にアレルギーを起こしやすい方・赤ちゃんに使う場合は、シンプルな馬油石鹸がよいと思います。

ちょっぴり馬油の独特な香りがしますが、慣れれば気になりません。
いろんな石鹸がちょっとずつ試せるトライアルセットもあるので、活用してみてくださいね!

今回私が選んだのは、乾燥肌にオススメのしっとりタイプの石鹸、さくら蜜石鹸です!

馬油100%の石鹸素地というだけで乾燥肌向けのしっとりタイプなのですが、

さくら蜜石鹸は、福岡県八女市 青木養蜂場の桜の純粋はちみつが配合されていて、さらにしっとり保湿効果の高いタイプの石鹸になっています。

また、ミネラル豊富で抗菌作用もある蒸留竹酢液も配合。
清潔なお肌を保ってくれますよ!

使われている伝承素材はもちろん全て、生産者さんの顔が見えるものばかり。

以前、トライアルセットでいくつか試してみて、使用感や香りが一番気に入ったので、今回はこちらの石鹸にしてみました。

全成分:馬油石けん素地【九州馬油使用】、水、グラニュー糖、グリセリン、エタノール、桜蜂蜜、蒸留竹酢液、海塩、桧油

全成分はこちら。

石鹸がキレイに澄んでいるのはグラニュー糖を使っているため。

エタノールは製造過程で使用されていますが、出来上がった石鹸には残らないので、安心して使うことができます。

池田さんの石けん さくら蜜石鹸を使ってみました!

池田さんの石けんは、紙で包まれて真ん中をシール止めしてあります。
素朴なパッケージには、池田さんの職人魂みたいなものを感じますね^ ^

シールを剥がして包みを開くと、まあるい石鹸が出てきます!
茶色い透明感のある石鹸。

触れてみると、カチンコチンではなく、意外とやわらかな感触。
包み紙の跡もバッチリ残ってますね。

泡立ちはハッキリいってあまり良くないので、このような泡だてネットがついてきます。
とうもろこしの繊維で作られているのだそう。

開くとこんなに大きい。

袋状になっているので、石鹸を中に入れて縛ってもいいし、石鹸を包み込むようにしてこすってもいいそうです。

保管のことを考えると、わざわざ袋に入れない方が使いやすいような気が私はしています。

ネットに石鹸をこすりつけたら、ネットをこすって泡だてていきます。
この時、水分を足し過ぎてしまうと泡がゆるくなってしまうので注意。

最初に石鹸とネットをぬらしたら、そのあと水は足さなくていいくらいかもしれません。

淡い茶色の泡と、ふんわり甘いはちみつの香り!
十分に泡立ったら、ネットから泡を搾り取って完成。

こんな感じで、キメ細かでゆるゆるとやわらかな泡ができました!
ゆる〜い泡は馬油石鹸の特徴なのだそうですよ。

石鹸なので泡切れもよく、しっとりとした洗い上がり!
ツッパリ感も全然なく、乾燥肌にぴったりの石鹸だと思います^ ^

パウダータイプのミネラルファンデーションであれば、問題なく落とすこともできます。

私は顔だけでなく、全身洗っちゃってますし、子供も一緒に使ってます。
比較的、溶けやすい石鹸ですが、意外と持ちは良いようです。

注意点としては、グリセリンを多く含む溶けやすい石鹸なので、浴室でそのまま保管というわけにはいきません。

水切れのいい石鹸置きに置いて、風通しの良い場所で保管する必要があります。
そこだけ注意ですね。

馬油と日本の伝承素材で作られた手作りの石鹸。
乾燥肌の方、ぜひお試しください^ ^

公式サイトネオナチュラル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ネオナチュラル(neo natural)

Copyright© Herbal Beauty , 2017 AllRights Reserved.