Herbal Beauty

オーガニックコスメとミネラルファンデーションの口コミレビューブログ

ナチュラグラッセ新製品発表会レポート②UVプロテクションベースはSPF50+でも快適!肌疲れしません

投稿日:2017年11月29日 更新日:

ナチュラグラッセの新製品発表会に行ってきました!

2月発売のソリッドアイカラー(練りタイプのアイシャドウ)と、3月発売のUVプロテクションベースについて、詳しくお話を伺ってきましたよ♪

今回はUVプロテクションについて詳しくご紹介していきます。

>>ソリッドアイカラーのレポートはこちら

開発担当の方に直接お話を伺ったり、タッチアップもさせていただいたので詳しくレポートできればと思います^ ^

②ナチュラグラッセ UVプロテクションベースとはどんな商品?

SPF50+ 紫外線・ブルーライト・近赤外線対応のオーガニック日焼け止め

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースは、潤いで肌を満たしながら「紫外線・ブルーライト・近赤外線」の3つの光ダメージから肌を守ってくれるUV下地。

ナチュラル仕様でありながら、白浮きすることなくツヤ&トーンアップを実現してくれるアイテムです。

紫外線プラスどちらか1種類対応っていう日焼け止めは多いのですが、3種類ぜんぶの光線に対応している日焼け止めって探してもまだほとんど無いんですよね(2017年11月現在)

SPF50+ PA+++(紫外線吸収剤不使用)、内容量30mlで3,200円(税抜)です。

ブルーライトはPC・スマホ・LEDライトから出る光線で、紫外線同様、黄ぐすみやシミの原因になります。

UVプロテクションベースにはマリーゴールド由来のルテイン(キサントフィル)が使われており、独自試験によるカット率は90%以上だそう。

また、近赤外線は波長が長くエネルギーは弱いものの、透過性が非常に高く、お肌のシワやたるみの原因になるのでは?との指摘が出ている光線です。

近赤外線は肌の温度を上げる性質があり、UVプロテクションベースを塗布した場合としない場合で温度の上昇の仕方をサーモグラフィーで観察すると、UVプロテクションベースを塗った方が明らかな有意差が出ることから、近赤外線もカットできているということが分かるのだそうですよ。

植物成分によるスキンケア効果で肌そのもののバリア機能をサポート

また、水分量が多くキメの整った肌に比べ、乾燥で荒れたお肌は光ダメージを受けやすくなるという観点から、スキンケア効果にもこだわっています。

オリーブ・ホホバ・サジー、3つの基本のオイルのほか、余分な皮脂を吸収する米粉、お肌のキメを整えるダイズエキス、保湿効果の高いビルベリーエキスを美容成分として配合。

とくにビルベリーエキスは、白夜で知られるフィンランド産のワイルドクラフトのものにこだわっています。

白夜は24時間日光にさらされる過酷な環境で育ったビルベリーは、カテキンやアントシアニンといったポリフェノールが豊富に産生されるのだそうですよ!

UVプロテクションベースの使用感と仕上がり

UVプロテクションベースもタッチアップさせていただきました!
パッケージは絵の具のパレットをイメージした華やかなもので可愛い。

石油系界面活性剤・鉱物油・タール系色素・合成香料・パラベン・アルコール・シリコン・紫外線吸収剤は全て不使用。

容器は大地をイメージしたアースカラーで、ロゴが入っただけのシンプルなものです。

振るとカラカラ音がしますよ。

中身は、少しクリーム色っぽい感じのミルクタイプで、実際には色はつきません。
優しいお花の香りがします。

出した時はサラッとした印象ですが、伸ばすとオイルのしっとり感も感じられ、それが吸い付くようなフィット感に繋がってると思います。

写真の量で顔の半分くらいとのことで、出しすぎたか?と思いましたが、伸びと肌馴染みが抜群に良く、そのままピタッと馴染んでしまいました。

この量を塗って白っぽくなる予感がまったく無いのは驚き!

の手の日焼け止めは「ワントーンアップ」という言葉で白浮きを誤魔化されている気がするのも少なくありませんが、UVプロテクションベースは白くならないのに自然な感じでトーンアップするするのがスゴイです。

開発担当の方にお話を伺ったところ、ベースのオイルの配合バランスに秘密があるのだとか!

粉体の留まりやすいドロリとした感触のオイルや、粉体の広がりやすいサラリとした感触のオイルなどを絶妙なバランスで掛け合わせることで、ナチュラル仕様・SPF50+なのにほとんど白浮きの無い仕上がりを実現されているのだそうです。

100回以上の試作を重ねてようやく完成した商品だそうで、メーカーの苦労と努力の賜物ですね!
製品の企画から開発まで自社で行うコスメメーカーだからこそできた製品とも言えそうです。

SPF50+というと気になるのが乾燥感ですが、夕方、UVプロテクションベースを塗った方の手だけ、明らかになめらかでしっとりしてるのに気がつきました。

両方ともハンドクリーム塗ってたのに、触ると明らかに違う…… スキンケア効果は抜群ですね!

唯一、欠点としてあげるとすればウォータープルーフになってないことくらいでしょうか。

開発者の方によると、やろうと思えばできるけれど、今回は石鹸での落としやすさを重視して、あえてウォータープルーフにはしなかったそうです。

実際、ぬるま湯で予洗い&しっかり泡立てた石鹸で洗えば、リキッドタイプでも問題なく落ちました。

また、ナチュラグラッセにはたくさんベースがありますが、今回のUVプロテクションベースはとくに「老化を促進する3種類の光ダメージから肌を守ること」を重視して作られた製品。

秋冬はSPF30程度でいい、もっと保湿力が欲しい!という場合は「スキンバランシングベース」の方が向いているので、季節は肌の状態に合わせて使い分けるのがオススメだそうです。

パウダーファンデを重ねるのはもちろん、リキッドファンデを重ねてもヨレたりせず美しい仕上がりが続くとのこと。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
実は今回、特別に商品をいただいたので近々、詳しくレビューする予定です。

今回ご紹介したナチュラグラッセ ソリッドアイカラーは2018年2月15日発売、UVプロテクションは2018年3月1日発売になります!

気になる方はぜひ、チェックしてみて下さいね^ ^

公式サイト【nature's way】オーガニック化粧品通販サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ナチュラグラッセ

Copyright© Herbal Beauty , 2017 AllRights Reserved.