石けんシャンプー

パックスオリーシャンプー&リンスをお試ししました!オリーブベースでしっとり重めな仕上がり

投稿日:2019年1月2日 更新日:

オリーブオイルベースの石けんシャンプー&リンスがお試しできる、「パックスオリー ミニセット」を使ってみました!

もともと子供のころから石けんシャンプーは使っていたのですが、3年ほど前、縮毛強制をはじめてからアミノ酸シャンプーを使っていたんですよね。
最近また、石けんシャンプーに戻りたくなってきて、いろいろ物色しているところです。

パックスナチュロンの石けんシャンプーは定番ですが、オリーシリーズはより軋みにくく、しっとり重めな仕上がりが印象的でしたよ♪

スポンサーリンク

パックスナチュロンとは?

「パックスナチュロン(PAX NATURON)」は、石けん製造の老舗 太陽油脂が展開するスキンケアブランドです。

人にやさしく、地球にやさしくがコンセプトで、国産のナチュラルブランド・エコブランドの定番のブランドですね。

洗浄成分には石けんを使用し、クリームの乳化にも合成界面活性剤を使わず、古くからの石けん乳化法が使われているのが特徴です。
石けんはもちろん、ハンドクリームや日焼け止めも人気ですね。

合成界面活性剤、高級アルコール、蛍光増白剤、リン酸塩、合成香料、合成着色料、合成酸化防止剤、合成防腐剤は使われていません。

環境保護の観点から、プラスチック容器を少しでも減らすため、ポリエチレン・ポリプロピレン・ナイロン等を使用し、詰め替え用を積極的に採用しています。

パックスナチュロン パックスオリーシリーズとは?

パックスオリーシリーズは、保湿成分オレイン酸がたっぷりのオリーブオイルやオリーブスクワランをベースに使ったシリーズです。

基本のパックスシリーズより、しっとり仕上がるので乾燥肌・敏感肌にオススメ。

また太陽油脂では、環境保護の観点から、PSPO(持続可能なパームのための円卓会議)に加盟しています。
パックスオリーシャンプーやパックスオリーボディソープは認証製品となっており、容器にトレードマークが付いていますよ。

パームオイルは石けん作りに欠かせない原料ですが、発展途上国での急速な環境破壊や土地をめぐる紛争などが問題となっています。
一方でパーム産業は、主要生産国の経済発展の柱ともなっており、他の植物油脂ではパームの何倍もの耕地面積が必要となる等の理由から、安易にパームオイルの使用を止めることにも問題があります。

それで、持続可能なパームの生産方法が模索されているというわけです。

パックスナチュロン パックスオリー ミニセットを使ってみました!

オリーシャンプーの使用感

オリーブオイルが主原料の石けんシャンプーです。

天然の洗浄成分ムクロジやオリーブスクワラン、髪や頭皮にうるおいを与え健やかに保つカミツレ花エキスなどが配合されており、軋みを緩和してくれるそうです。

エコホイッパーを採用した、泡で出てくるタイプの石けんシャンプーです。

防腐剤や金属封鎖剤は使われていません。
全成分はこちら。

水、カリ石ケン素地、グリセリン、ムクロジエキス、スクワラン、トコトリエール、カミツレ花エキス、マンダリンオレンジ果皮油、オニサルビア油、ニュウコウジュ油、クエン酸、エタノール

トライアルサイズでは、液体石けんがそのまま入ってる感じです。

マンダリンオレンジとフランキンセンスの甘酸っぱい香りがいいですね♪

とりあえず、自分で泡立ててみたところがこちら。

ふんわり軽く、クリーミーでしっとりした感触の泡です♪
実際には、ポンプからこの状態で出てくるので、使いやすそうですね。

石けんシャンプーは、たっぷりの泡で地肌を洗うのがコツ。
泡が消えてしまう量だと石けんが足りておらず、汚れが落ちなかったり、軋んだり、べたついたりする原因になります。

オリーシャンプーは、2度洗いが推奨されています。
1度目はざっと洗いますが、石けんの泡が汚れに負けてしまう感じ。
2度目はモコモコ泡で頭皮をしっかり洗えました。

「久しぶりの石けんシャンプーでどうかな?」と思いましたが、しっとり泡で思ったほど軋まずに洗えたので良かったです♪

石けんなので当たり前ですが、気持ちいいくらい泡切れがいい!
お湯で流すとそれなりに軋みは出ますが、無理に手櫛を通したりしなければそんなに気になりませんでしたよ。

オリーリンスの使用感

石けんシャンプーの後は、必ずお酢かリンスで髪を弱酸性に戻し、キューティクルを閉じる必要があります。

オリーリンスは、クエン酸を使った石けんシャンプー専用リンス。
オリーブスクワランやホホバ油、髪と頭皮を健やかに保つ3種類のハーブを贅沢に配合し、しっとりとしたツヤ髪に仕上げてくれます。

防腐剤は天然由来成分のヒノキチオールを使用。
全成分はこちら。

水、グリセリン、クエン酸、スクワラン、ホホバ油、カミツレエキス、シソエキス、ボタンエキス、マンダリンオレンジ果皮油、オニサルビア油、ニュコウジュ油、キサンタンガム、クエン酸Na、ヒノキチオール、エタノール

少し白っぽくて、トロミがついています。
乳液と化粧水の中間くらいのテクスチャーで、手からこぼれ落ちず髪に直接付けやすいですよ♪
洗面器のお湯で溶いて使ってもいいそうです。

シャンプーとお揃いのオレンジの香りなので、お酢の香りが苦手な方にもオススメ。

普通のコンディショナーやトリートメントと違って、毛先ではなく髪全体にまんべんなく付ける必要があります。
私はロングヘアなので、けっこうたっぷりめに使用。

お湯で流すと、髪がトロンっとなめらかな感触に変わります♪

久しぶりに石けんシャンプーを使ってみて感じたのが、髪が乾くのが早いこと!
サラサラな仕上がり。

そしてこれはパックスオリーの特徴だと思いますが、しっとり重めな仕上がりで、ボリュームが落ち着きました。

石けんシャンプーってふんわり仕上がるイメージでしたが、スクワランやホホバオイルがいい仕事してくれて、ツヤツヤです♪

私は毛が多く、太く、固く、乾燥してパサつくので、まとまりのいい仕上がりが嬉しいのですが、立ち上がりはイマイチなので、人によっては根元がペタンっとしちゃうのが気になるかもしれません。

オリーボディソープの使用感

オリーブオイルベースの液体石けん。
シャンプー同様、泡で出てくるタイプのボディソープになります。

チンピエキスやクマザサエキスが、健やかなお肌を保ちます。

全成分はこちら。

水、カリ石ケン素地、グリセリン、スクワラン、ホホバアルコール、クエン酸、ニオイテンジクアオイ油、ローマカミツレ花油、ラベンダー油、コリアンダー果実油、クスノキ葉油、チンピエキス、クマザサエキス、トコトリエノール、エタノール

石けんシャンプーに比べると、クリーミーさが控えめの軽めの泡に感じました。

それと香りが違って、オリーボディーソープはほんのり甘いフローラルハーブの香り♪
香り方もしつこくなくていいです。

こちらはシャンプーほどしっとり感は感じませんでしたが、さっぱりしつつも乾燥しない感じ。
悪くないけど、「これじゃないと!」というほどの感動はなかったかな。

パックスオリー ミニセットのまとめ

パックスオリーシャンプー&リンスは、オリーブベースでしっとり重めな仕上がりでした。
久しぶりの石けんシャンプーでしたが、それほど軋みも気にならず、洗いやすかったです♪

今回使ってみたのはトライアルサイズですが、本商品は550mlで1,300円なので、価格的にも続けやすいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-石けんシャンプー
-,

Copyright© Herbal Beauty , 2019 All Rights Reserved.