頭皮の乾燥による痒みを自分で改善するためにやった事

投稿日:2015年11月24日 更新日:

毎年、冬になると必ず悩むのが頭皮のかゆみ、そしてフケです。

仕事に支障が出るほどではありませんが、服や枕に落ちるフケが気になったり、シャンプーした後やドライヤーをかけた後はいてもたってもいられず掻きむしってしまう、といった程度には悩んでまして・・・。

ここ数年、忙しすぎて見てみぬフリをしてきましたが、今年は一度しっかりとケアを見直してみましたよ。

整髪料をちょっとお休みしてみた

寝癖直しから始まり、ワックス、ヘアムース、癖毛用スプレー、アイロン用ムース、巻き髪キープ用スプレーとか・・・
女性の整髪料って本当に沢山!

でもね、頭皮に痒みが出るほど乾燥している時って、同時に頭皮が敏感になってるんですよ。
って事は、頭皮にも付いちゃうヘアムースやスプレーの類いって、頭皮の痒みの原因になってるのかも!って思い、整髪料をちょっとお休みしてみました。

髪を束ねてしまえば何とかなるもので・・・私の場合は、癖毛をストレートにするスプレーが悪さをしていたみたいです。

洗浄力がとくにマイルドなシャンプーに変えた

もし、あなたが「○○硫酸~」とか「○○スルホン酸~」といった成分が2番目~4番目くらいに入っているシャンプーを使っているなら・・・

一度シャンプーを変えてみるのがおすすめ!
これらのシャンプー(ドラッグストアの安いシャンプーの多く)は、乾燥タイプの頭皮には洗浄力が強すぎるんですね。

じゃあ何を使えばいいかと言うと、洗浄力の優しい「ベタイン系シャンプー」や「アミノ酸系シャンプー」になります。
スキンケア大学の先生はアミノ酸系のシャンプーを勧めていますね。高いですけど^ ^;

私も最初は「シャンプーくらいでそんなに変わるの?」って思ってました。
でもね、ホント、全く違うんですよ~!

今では私もアミノ酸系のシャンプーが好きで色々試しているのですが、その中でもどちらかというとよく洗えるもの、ひときわしっとり仕上がるものとか、色々あるんですよね。

そんな中で、最近私が気に入って使いはじめたのが「アロマのやさしさ」

アミノ酸系シャンプーは色々使いましたが、アロマの優しさシャンプーは本当に洗い心地がマイルドなの。
メーカーが2度洗いを勧める事からも、洗浄力の優しさが分かりますよね。

それから、アミノ酸系のシャンプーって、高いからか、美容成分が異様に沢山入っているのが多くないですか?
でも、頭皮が敏感な時って、なるべくシンプルな配合のシャンプーが使いたいですよね。

アロマの優しさシャンプーは、そういう意味でも、私的に合格でした。

シャンプーをとにかく丁寧にしてみた

せっかくいいシャンプーを使っても、使い方を間違えたら効果半減・・・という事で、シャンプーの仕方も徹底的に丁寧にやってみましたよ。

体を洗うお湯よりだいぶぬるいお湯で洗ってみる

熱すぎるお湯で洗顔すると、皮脂やセラミド、NMFといった保湿成分が流れ出て乾燥してしまうというのは有名ですよね。

実は頭皮も構造的には皮膚とほぼ一緒なので、熱いお湯だと皮脂やNMFなど保湿成分が流出してしまうんです。

私は今まで体を流すのと同じ温度のお湯で洗っていたのですが、それが間違い!
それだと頭皮には熱すぎで、体にはだいぶぬるいと感じる温度がちょうどいいんですって。

シャンプーは泡立ててから頭に乗せる

知ってはいたけど、面倒でやっていなかったのが、シャンプーの泡立て。

シャンプーをじかに頭皮に乗せて泡立てる場合だと、洗浄力は強いままだし、シャンプーが頭皮に吸着しやすく、洗い流しの際シャンプーが頭皮に残りやすいんですって。
そういえば、いつもお世話になってる美容師さんもちゃんと泡立ててました。

せっかく洗浄力の優しいアミノ酸系シャンプーを使うんだもの、しっかり泡立ててから使いましょ。

整髪料をしっかりつけていると、洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーだと落ち残る場合があります。
泡を乗せてもすぐに消えてしまう場合は、シャンプーが負けてしまっているため、2度洗いが必要かもしれません。

絶対に爪を立てない&3本の指だけで優しく洗う

意外とやりがちなのが、爪で頭を洗ってしまう、もしくはシャンプー中に爪が頭皮に当たってしまうという事。

こういった洗い方だと、気づかぬうちに頭皮に傷ができてしまい、雑菌が繁殖して痒みを起こす事もあるそう。
そこまでいかなくても、私はさっぱりが好きだし、毛穴の中までしっかり洗った方が癖毛にいいと雑誌で読んで、5本の指ですっごい念入りに洗ってました。

これも頭皮には良くないんですって。
でも、癖になった洗い方はなかなか変えられない・・・

という事で、力の入りやすい親指と人差し指を封印!
中指、薬指、小指の3本づつ、計6本の指で優しく洗ってます。
私みたいにゴシゴシ洗いが癖になってると、なかなかいいですよ~。

シャンプーを2日に1回湯シャンに変えてみた

これはアミノ酸系シャンプーでも乾燥が改善されない場合や、アトピー体質で皮脂分泌が非常に少ない場合(ちなみに私はアトピー体質です)、湯シャンが乾燥頭皮に有効な場合があります。
私は毎日のシャンプーを2日に1回湯シャンにするだけで、頭皮の乾燥がだいぶ楽になりましたよ^ ^

(ただし、湯シャンでは寝癖直しや整髪料が落とせない、強い汚れは落とせないなど、少し条件があります。
髪型や髪が汚れる仕事、花粉症の時期など、湯シャンできない人は次の項へ)

頭皮専用の保湿美容液を使ってみた

実は、シャンプーよりも湯シャンよりも何よりもハッキリと効果を実感できたのが「頭皮専用の保湿美容液」でした。

私のようにアトピー体質の人間はもちろん、40代を過ぎると誰でも皮脂分泌が減り、乾燥しやすくなるんです。
頭皮が乾燥すると、頭皮が敏感になり、今まで使えていたシャンプーや整髪料が急にしみる、先月まで平気だった白髪染めに突然かぶれる、といった事が起こります。

そんな時、頼れるのが頭皮の保湿剤。
私の使っている「頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」」は、アルコールフリーだから敏感な頭皮にもしみないし、トロミがあってつけやすいのにベタつかないの。
育毛剤と違って効果を実感しやすいのもポイントですね。

頭皮の保湿美容液 すこやか地肌を使うようになってから、シャンプーだけではどうにも改善しなかった痒みや細かいフケがかなり改善しましたよ^ ^

以上、
自分でできる!乾燥による頭皮の痒み対策でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-女性用アミノ酸シャンプー

Copyright© Herbal Beauty , 2017 AllRights Reserved.