美肌のためのオーガニックコスメ・ヘアケア・メイク&ナチュラルなライフスタイル情報をお届け

ハーバルビューティー|オーガニックコスメで美肌になる方法

オーガニックコスメで美肌になる

美肌づくりに不可欠の皮膚常在菌とは?皮膚常在菌バランスを整え、善玉菌を増やすオーガニックコスメの話

更新日:

「乾燥肌・敏感肌・ニキビなどの肌トラブルが絶えない…… 」
「化学合成成分に頼らず、オーガニックコスメで美肌を手に入れたい!」

そんな時に知っておきたいのが、私たちの肌に存在する「皮膚常在菌」の働きです。

何もしなくてもキレイな肌を保てる方、何をやっても肌トラブルの絶えない方。
その違いは、もしかしたら皮膚常在菌に秘密があるかもしれません。

この記事では、皮膚常在菌の働き・常在菌バランスを整えるスキンケア方法についてまとめました。

皮膚常在菌とは?

腸内に腸内細菌が住み着いているように、肌にも1兆個を超える微生物=「皮膚常在菌」が住み着いています。

私達の肌は、皮膚常在菌の働きによりうるおいが保たれ、雑菌から肌を守られています。
いわば、免疫力のようなもので、大切なバリア機能の1つともいえます。

皮膚常在菌の数が減少したり、菌のバランスが崩れると、乾燥肌・敏感肌・ニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

また、アトピー性皮膚炎は肌がアルカリ性に傾きやすく、炎症部分では黄色ブドウ球菌が大量繁殖していることも分かっており、アトピー性皮膚炎と皮膚常在菌の関係も注目されています。

皮膚常在菌の働き

皮膚常在菌には、

  • 善玉菌(表皮ブドウ球菌など)
    うるおい成分を分泌し、肌を弱酸性に保つ、皮脂膜の形成に不可欠
  • 日和見菌(アクネ菌、マラセチア酵母など)
    菌のバランスによって良くも悪くもなる
  • 悪玉菌(黄色ブドウ球菌など)
    炎症やかゆみを悪化させる

など様々な種類が存在し、それぞれがバランスよく存在することで肌は健やかに保たれます。

皮脂は分泌されただけでは、天然の保湿クリームである皮脂膜にはなりません。

皮膚常在菌が皮脂を食べて出す、グリセリンや脂肪酸などの分泌物と汗が混ざることで皮脂膜が作られ、肌のpHが弱酸性に保たれ、肌のうるおいが保たれています。

また、肌に悪影響を与える雑菌の多くはアルカリ性を好むため、肌を弱酸性に保つことで雑菌や感染症からも肌を守っています。

腸内細菌にも多少の悪玉菌は必要なように、悪玉菌だからといって全く必要ないことはありませんし、アクネ菌のように適度なら肌にとって有用に働く菌でも、過剰に増えるとニキビなどトラブルを引き起こす場合もあります。

多様な種類の菌が、バランスよく、適度に存在することが、美肌を保つ上では重要だそうですよ!

化粧品の合成成分が皮膚常在菌バランスを崩す

畑に農薬を撒くと土壌菌が死滅して砂漠化していくように、化粧品の合成成分は長期使用により皮膚常在菌バランスを乱し、常在菌そのものを減少させてしまいます。

適度な洗顔であれば、皮膚常在菌を洗い流しても毛穴に残った菌が増殖し、15分ほどでもとに戻るといわれていますが、洗浄力や吸着性の強い合成界面活性剤で洗った場合はなかなか菌が戻らないとのこと。

化粧品に含まれる合成防腐剤は、微生物やカビを抑えて化粧品が腐るのを防ぎますが、当然、皮膚常在菌にも影響を与えます。

  • パラベン、フェノキシエタノールなどの合成防腐剤
  • BGやプロパンジオールなどの合成溶剤

は皮膚常在菌を必要以上に雑菌し、減少させてしまいますし、

  • 鉱物油などの石油由来成分
  • シリコンをはじめとする合成油剤
  • 合成ポリマー

などは皮膚常在菌のエサにならず、皮膚常在菌が繁殖しにくい環境へと繋がります。

合成成分でできた化粧品を24時間塗りっぱなしの現代女性は、皮膚常在菌の数自体が減少している場合が多いそうですよ!

天然成分でできたオーガニックコスメは皮膚常在菌の住みやすい環境を整える

合成成分不使用、自然界の素材で作られたオーガニックコスメは、皮膚常在菌の活動を邪魔せず、常在菌の住みやすい環境を整えます。

皮膚常在菌バランスが整った肌は、うるおいを保ち、バリア機能が整った健やかな状態を保てると考えられます。

洗いすぎない洗顔

石けんやお湯で落とせるメイクを選び、良質な石けん・クレイ・米ぬかなどで適度な洗浄を心掛けましょう。
15分ほどで、毛穴に残った菌が繁殖し、元に戻ります。

天然成分のスキンケアで菌の住みやすい環境を作る

天然の植物成分は皮膚常在菌の活動を邪魔せず、皮脂の成分と似た植物オイルは、皮膚常在菌のエサにもなります。

また、植物の抗菌作用を生かした天然の防腐剤は、菌を殺菌しすぎず、皮膚常在菌の住みやすい環境を整えます。

オーガニックコスメ選びの注意点

認証コスメを含め、オーガニックコスメの中にも、

  • 植物性合成界面活性剤
  • 合成防腐剤
  • BGやプロパンジオールなど抗菌性のある多価アルコール

が使われているブランドもあります。

そういった化粧品は、育菌スキンケアには向きませんので、成分表示をチェックし、合成成分不使用のブランドを選びましょう。
JOCAの推奨マークも、コスメ選びの参考になりますよ。

こちらの記事も参考に↓
>>もう騙されない!本物のオーガニックコスメの選び方

まとめ

皮膚常在菌は、何万年という進化の過程で体得した、身体のバリア機能の1つ。

化粧品の合成成分によって皮膚常在菌バランスが崩れると、乾燥肌・敏感肌・ニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

適度な洗浄を心掛け、自然由来成分で作られたオーガニックコスメのお手入れで、皮膚常在菌の暮らしやすい環境を整えることができますよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-オーガニックコスメで美肌になる

Copyright© ハーバルビューティー|オーガニックコスメで美肌になる方法 , 2019 All Rights Reserved.