美肌のためのオーガニックコスメ・ヘアケア・メイク&ナチュラルなライフスタイル情報をお届け

ハーバルビューティー|オーガニックコスメで美肌になる方法

オーガニックコスメで美肌になる

化粧品の合成界面活性剤の悪影響!肌に悪いのは昔の話?乾燥肌・敏感肌の原因になるって本当?

更新日:

ネットで合成界面活性剤について調べると、いろんな意見がありますね。

「石油系が肌に悪い?」とか「植物性、天然由来成分ならいい?」とか
「合成界面活性剤を悪くいうのは自然化粧品を売るための策略」とか
「アミノ酸系は石鹸より肌に優しい?」とか
「むしろ石鹸は肌に悪い?!」とか……

うっかりすると「アレ、合成界面活性剤が肌に悪いのって、昔のことかな?」なんて思えてきちゃうから怖いものです。

この記事では、

  • 化粧品に配合される合成界面活性剤ってどんなもの?
  • 石鹸と何が違うの?
  • どんな悪影響があるの?
  • オーガニックコスメ認証でも安心できませんよー

といった内容をまとめました。

界面活性剤は化粧品に不可欠なもの!化粧品における界面活性剤の役割

「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」とは、水と油のように本来は馴染まない成分同士が、馴染めるようにする性質をもつ成分。
化粧品を作る上では、欠かせない成分です。

化粧品においては、

  • 起泡・洗浄:泡立てる、汚れを落とす
    ex)クレンジング、洗顔料、シャンプー…
  • 乳化・分散・可溶化:成分を混ぜたり、粒子を均一に散らす
    ex)乳液、クリーム、ファンデーション…
  • 肌に成分を浸透させる
    ex)化粧水、美容液、乳液、クリーム…
  • 帯電防止:髪の軋みを緩和する
    ex)シャンプー、コンディショナー、トリートメント…

  • 殺菌

などの目的で配合されます。

化粧品に使われる界面活性剤の種類

界面活性剤は、卵や大豆、ハーブなど自然界にも存在します。

化粧品に配合される界面活性剤も、天然物から抽出されるものと、合成して作られるものがあります。
石鹸も、分類上は合成して作られる界面活性剤の仲間です。

天然の界面活性剤 レシチン(大豆)、サポニン(ムクロジ・シャボン草)、イナゴマメ種子エキス、ラノリン(羊油)など
合成して作られる界面活性剤
  • アニオン系(石鹸、高級アルコール系、アミノ酸系など)
  • カチオン系(第四級アンモニウム塩など)
  • 両性イオン系(ベタイン系など)
  • ノニオン系(脂肪酸エステルなど)

石鹸と合成界面活性剤の性質の違い

石鹸も合成して作られる界面活性剤ですが、石鹸とその他の合成界面活性剤の性質は全く異なります。
成分表示のルールも違います。

  • 化粧品では、石鹸は「石鹸素地」と表示してもいいし、「オリーブオイル」「オレイン酸」「水酸化Na」など原料で表示してもOK。
  • 化粧品では、合成界面活性剤は成分名での表示が基本。
    石油、ヤシ油など原料で表示することはできない。
  • 洗濯用洗剤や食器用洗剤は、主な界面活性剤の種類によって、品名が異なる。
    石鹸は「石けん」、それ以外の界面活性剤は「合成洗剤」と表示する。

石鹸の性質

  • 人類が5000年以上使ってきた歴史がある
  • 植物油脂・動物油脂とアルカリで作られる
  • 家庭でも手作りできる
  • 低温で作ることができ、非常に単純な組成で簡単に分解する
  • 水や汚れに触れるとすぐに界面活性作用がなくなる
  • 魚のエサになるくらい、生物に対し安全で環境を汚さない
  • 肌に浸透せず、良質な石鹸はタンパク質変性も起こさない

注目なのは、「水や汚れに触れるとすぐに界面活性剤でなくなる」「簡単に分解する」という性質!
これこそ、石鹸のメリットなんですよね。

「敏感肌には刺激になる場合がある」「低品質な石鹸はつっぱる」「髪を洗うと軋む」など、アルカリ性特有のデメリットはあるものの、

長く使い続けても、肌にも環境にも負担が少ないことは、間違いありません。

合成界面活性剤の性質

  • 化粧品に広く使われだしてから、ほんの60年程度
  • 石油からも植物油脂からも作られる
  • 原料が石油であれ、植物であれ、500度前後の高温・高圧をかけて、元とは全く別の自然界に存在しない成分を作り出す
  • 特殊な施設を必要とする
  • なかなか分解しない
  • タンパク質への吸着性が強い
  • 界面活性作用がなかなか失われない
  • 環境に負担をかける

「60年の歴史」といっても、毎年新しい成分が生まれており、現在では2000種類を超えています。
新しい成分ほど、安全性は未知です(汗)

食器用洗剤の「たった1滴で油汚れが落ち、継ぎ足しなしで何枚もお皿が洗える」というのは、合成界面活性剤の性質そのものといえます。

もちろん、種類によって程度に差はありますが、「本質は変わらない」これがポイントです。

どこまで薄めても界面活性作用が残る、もちろん肌にも残るってことです。

石油由来、植物由来にあまり意味はない

最近はよく「石油系界面活性剤は不使用です」といった表記を見かけます。
なんとなく、肌に優しそうなイメージかもしれませんが、あまり意味はないんですよね……

植物から作れる合成界面活性剤もたくさんあるからです。

例えば、刺激性・アレルギー性・経皮毒が懸念され、ネット上では悪名高い「ラウリル硫酸Na」も石油はもちろん、植物からでも作れてしまいます。

「天然由来の界面活性剤」と言われても、ラウリル硫酸Naを使いたいとは思いませんよね(汗)

合成界面活性剤の肌への悪影響とは?

「天然由来成分100%」
「肌や髪と同じアミノ酸系」
「ベビーソープにも使われる優しい洗浄成分」

魅力的なキャッチコピーの数々。
おまけに、化学に詳しそうな方から「低刺激で洗浄力が優しい」などと聞けば、「なんだかとっても肌に優しそう」と思えてしまいますよね。

私もたまに、どっちが正しいのか分からなくなる時があります(汗)

覚えておきたいのは、程度に差はあれ、合成界面活性剤の本質は変わらない!ということ。
そして、合成成分の害はすぐには肌に表れない!ということ。

確かに、使い心地は低刺激かもしれない。
でも吸着性が強く、分解されず、界面活性作用も残る…… という性質から、

  • 皮膚常在菌を減らしてしまう
  • 少しずつ肌へ浸透し、やがて脂肪組織に蓄積する
  • 細胞を萎縮させる
  • アレルギー性

といった肌への影響が懸念されます。

合成界面活性剤で洗って、合成界面活性剤入りの基礎化粧品で保湿。
つまり肌が24時間、合成界面活性剤漬けの生活!ってことですよね?!

それが365日、10年、20年と続いたとしたら?

  • 細胞が萎縮し、角質細胞の間に隙間ができる
  • 少しずつ細胞間脂質に浸透し、ラメラ構造が壊れていく
  • 皮膚常在菌が減少

といった悪影響が考えられます。

これはまさに、肌の保湿機能・バリア機能が低下した状態。
乾燥肌・敏感肌の状態ですよね!

シワやシミができやすい肌でもある、というのは言うまでもありません。

こちらの記事も参考に↓
>>美肌づくりに不可欠の皮膚常在菌とは?

合成界面活性剤入りのオーガニックコスメが急増中?!成分をチェックして合成界面活性剤不使用の製品を選ぶ

実は、「オーガニックコスメ」と称される商品にも、合成界面活性剤が使われているものは非常に多いのです!

海外の「オーガニックコスメ認証」や、オーガニックコスメの世界基準といわれる「コスモス認証」でも、植物由来の合成界面活性剤が使われている商品は多いですし、石油と植物の両方を原料とする半合成成分も配合量の制限のもと、一部は認められています。

国産オーガニックコスメでも、シャンプー、クレンジング、乳液、クリームなどには使われているものが多いですね。

「認証コスメだから」「有名ブランドだから」と思わずに、自分の目で成分をチェックすることが大切です。

日本オーガニックコスメ協会(JOCA)では、合成界面活性剤不使用のオーガニックコスメが推奨されています。
「JOCAの推奨マーク」も、コスメ選びの参考になりますよ。

こちらの記事も参考に↓
>>もう騙されない!本物のオーガニックコスメの選び方

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-オーガニックコスメで美肌になる

Copyright© ハーバルビューティー|オーガニックコスメで美肌になる方法 , 2019 All Rights Reserved.