夏の遊園地もノンケミカルの日焼け止め ウェアルーUVで焼けないですみました!

投稿日:2015年7月22日 更新日:

日焼け止めを塗るとどうしても肌荒れしてしまう肌質みたいで、なかなかいい日焼け止めに出会えず・・・

でも去年見つけたウェアルーUVは嘘みたいに使い心地のいい日焼け止めで、肌荒れすることもなく、依頼ずっと使い続けています。

リニューアルしたウェアルーUVも使いきったのでまたまたリピート!
真夏の遊園地も焼けずにすみました^ ^

公式ページHANA organic ウェアルーUV 公式ページへ

肌に優しい秘密がいっぱい詰まった日焼け止めBBクリーム!

HANAオーガニックのウェアルーUVは、オーガニック仕様なのに、まるで美容液か乳液のように塗り心地がいいんです。
ほんのりローズの香りがするんですよ。

石油由来成分不使用なのはもちろん、ノンナノ仕様(ナノ化原料不使用)で安心。

UVカット効果のある植物原料を組合わせる事で極限まで紫外線散乱剤を少なく抑えているから、乾燥しにくい日焼け止めというのも嬉しいところ。

また、紫外線散乱剤をコーティングしてあるから直接肌に触れず刺激が少ないし、夕方までくすみにくいという効果も。

光をコントロールして色ムラを抑えるため、実際にはBBクリームというよりCCクリーム(カラーコントロール)に近いような気がします。
脱ファンデのためのティント乳液として作られただけあり、肌への負担が少なく、石鹸で簡単に落ちますよ^ ^

白浮きしやすい季節はウェアルーUVの使い方にひと工夫

ウェアルーUVは椿油や米ぬか油などを配合し、ヒトの皮脂バランスに近づけているそう。

なので、朝はさっぱりしたハーブウォーターに油分の少ない美容液など油分の少ないスキンケアに、ウェアルーUVを重ねることでちょうどいいバランスになり、夏でも心地よく使えます。

また、ウェアルーUVのテカリが気になる場合は、パウダーを重ねることでセミマットに仕上げることもできます。

HANAオーガニックからもウェアルーパウダーが発売しています。

日焼け止めにプラスアルファで夏の行楽地へ!オーガニック系の日焼け止めでも焼けずにすみました!

ウェアルーUVは肌に負担が少ない分UVカット力はそこまで高くないため、
夏の行楽地の強烈な紫外線にはもっとSPFやPAの高い日焼け止め~と思い、お店で色々試したのですが、オーガニックでウォータープルーフはどうしても油っこくてニキビができそう・・・

という事で、お気に入りのウェアルーUVの使い方を工夫してみたら、焼けずに帰ってくることができました^ ^

ポイントは、2度塗りとパウダーや帽子など他のアイテムを組み合わせた事だと思います。

まずは皮膚科の吉田伸子先生も勧める日焼け止めの2度塗り。
ウェアルーUVをワンプッシュ取ってまんべんなく伸ばしたあと、馴染むまで少しおいて、

もうワンプッシュ手に取って、ほおのトップやおでこ、鼻、顎など高くなっている部分を中心に2度目を重ねていきます。

最後に小鼻の脇など日焼け止めが溜まった部分を軽くティッシュオフすればOK!

さらにパウダーを重ねて皮脂対策&UVカット効果アップを狙います。

トイレに行くたびに汗で流れた分を軽く押さえて整えたあと、ウェアルーパウダーを塗りなおしていました。
やっぱりパウダー塗り直し効果は高かったかも。

あとはUVカット効果のある帽子も被っていましたが、照り返しがかなり強烈でしたし、野外遊園地で乗り物に乗るたび帽子を脱いでいたので・・・

ウェアルーUVがなければ確実に焼けていたと思います^ ^;

パウダータイプの日焼け止めをプラスして真夏の紫外線も乗り越えていきたいです!

私は平日外にいる時間は、自転車での子供の送り迎え&通勤だけなので、ウェアルーUVとウェアルーパウダーだけでも平気みたい。

ただ、休日の昼間に子供と長時間外に出かける時は、必ずUVカット帽子を併用するようにしています^ ^;

今のところ肌荒れもせず、毎日快適。
HANAオーガニックのウェアルーUV おすすめです^ ^

公式ページHANA organic ウェアルーUV 公式ページへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-HANAオーガニック

Copyright© Herbal Beauty , 2017 AllRights Reserved.