ヴェレダ(WELEDA)

ヴェレダのオーガニック歯磨き粉(ハーブ)を使っています!口に入るものだから無添加にこだわりたい

投稿日:

歯磨き粉の添加物って気にしていますか?

私はかれこれ20年以上、シャボン玉やサラヤの石鹸歯磨き粉を使っているのですが、ヴェレダでオーガニック歯磨き粉が出ているのを見つけたので使ってみました♪

可愛らしいパッケージとは裏腹に、中身はちょっとショッキングなのですが、ハーブの味とスッキリ感がなかなかイイです。

この記事では、「ヴェレダ 歯みがきハーブ」の特徴とオススメな理由、実際に使ってみた感想などをご紹介します^ ^

公式サイト【WELEDA】

スポンサーリンク

ヴェレダのオーガニック歯磨き粉の特徴とオススメな理由

食事の添加物に気を使う方は増えていますが、意外と見過ごされがちなのが「歯磨き粉」。

ドラッグストアなどで安く売られている歯磨き粉の多くは、発泡剤としてラウリル硫酸塩などの合成界面活性剤が含まれており、舌にある味を感じる味覚「味蕾(みらい)」にダメージを与えてしまうと言われています。

歯磨きのあと、味がおかしく感じるのがその証拠なのだとか。

発泡剤は「磨けたような気分」が演出されるだけで、実際は歯磨きの邪魔になると、通っている歯医者さんから聞いたことがあります。

(むしろ、歯磨き粉自体が必要ないと私の通っている歯医者さんは言ってますが。
私はスッキリ感が欲しいのと、口臭が気になって使ってます。)

また、化学合成添加物もかなりの量が入っています。

せっかく食事に気をつけていても、毎日歯磨き粉で化学合成香料、着色料、発泡剤、防腐剤などの添加物を口に入れていたら意味がありませんよね……

そこで、注目したいのが無添加・オーガニックの歯磨き粉。

ヴェレダ(WELEDA)は1921年から100年近く続くスイス生まれのオーガニックブランド。
自然医薬品の製造から始まったというブランド背景から「歯磨き粉も質の良いものを作っていそう!」というイメージがあります。

ヴェレダの歯磨き粉はオーガニックコスメの国際認証機関ネイトゥルーネイトゥルーを取得しており、合成保存料、合成香料、着色料、合成界面活性剤などの発泡剤はもちろん使用されていません!

お肌を健やかに保つ働きのあるカミツレ花エキスや、ラタニア根エキス、ミルラエキスといった古くから口腔ケアに用いられてきたオーガニック植物エキスが配合されており、口腔内を清潔に保ち、保湿してくれるそうですよ♪

ジェルタイプですが、天然由来の研磨剤として、天然由来の「含水シリカ」が配合されています。
研磨剤は歯垢やステインを落とすのに効果的で、オーガニック歯磨きや石鹸歯磨きにもたいがい配合されていますが、

歯の表面のエナメル質を傷つける側面もあり、知覚過敏や歯周病の方には向かないという話も。
心配な方は歯医者さんで相談を。

全成分:グリセリン(湿潤剤)、水、含水シリカ(研磨剤)、カミツレ花エキス(保湿剤)、クラメリアトリアンドラ根エキス(保湿剤)、モツヤクジュ樹脂エキス(保湿剤)、アルギン酸Na(粘結剤)、エタノール(清涼剤)、エスクリン(保湿剤)、香料(ミントタイプ)

目的に合わせて4種類から選べるヴェレダの歯磨き

ヴェレダには、味や目的に合わせて4種類の歯磨き粉が用意されています。

◉歯磨きハーブ(デリケートな歯のために、初めてのオーガニック歯磨きとして。)

◉歯磨きソルト(粗塩入り。虫歯予防・歯をスッキリさせたい時に。)

◉歯磨きプラント(研磨剤に天然カルシウムを使用。歯石の予防に。)

◉歯磨きカレンドラ(歯石の予防、デリケートな歯に。)

今回は、初心者にオススメということで「ハーブ」を選んでみました♪

ちなみに、ヴェレダには「子供用の歯磨き」もある…… ということは、これらは大人専用ということなのでしょうかね?
何歳から使えるんだろう??

ヴェレダの歯磨き粉(ハーブ)を実際に使ってみた感想

歯磨き粉に見えないおしゃれなデザイン。

ただしコレ、ヴェレダのハンドクリームやフェイスクリームと同じ、アルミチューブなんですよ。
チューブを破らずキレイに使い切るにはちょっとコツが必要で、実用的とはいいがたく……

ちなみにドイツ製だそうです。

白と緑の爽やかなパッケージとは裏腹に、中のジェルは毒々しいピンク色!
予備知識なしで開けたため、最初はかなりビックリしましたね^ ^;

色味といい、透明感といい、ねっとり感といい……
イチゴジャムを歯ブラシに塗っているとしか思えない(笑)

わかりやすいように写真ではたっぷり出していますが、実際にはこの半分くらいの量でいいかも。
歯ブラシの3ぶんの1くらいが歯磨き粉の適量だそうですよ。

調べてみると「ソルト」「プラント」もショッキングな色をしているようですね。
使っているうちに慣れるものですが、白いジェルがいい方は「カレンドラ」を選ぶと良さそうです。

ジェルを歯に広げて、ブラッシングしていきます。

ハーブということで、ミントの辛い味を想像していましたが、ミントはそれほど強くなく、ほのかに甘酸っぱい爽やかな味。

市販の歯磨きのミント味は強すぎて苦手な私でも、抵抗なく使えました。
逆にミントのスカーッとした爽快感を求めている方だと、物足りないだろうなぁという感じです。

ジェルタイプの歯磨き粉はほとんど泡立たないので、歯磨きはとてもしやすいです。
じっくり磨けるのがいいですね。

溜まった唾を出すとピンクなのが見た目にも、出血はわかりにくいという点でも微妙ですが……

子供が歯磨きの状態を調べる染色液と違って、歯ブラシに色はつかないのは安心です。

歯磨きの後もミントの香りが残ってスッキリ!
味も変わらないので舌に優しいと思いました。

石鹸歯磨きも安くて安心でいいのですが、ヴェレダの歯磨きはハーブのエキスがいくつか入っているので、より歯茎に良さそうな気がします。

お値段もしっかり75ml入って1,080円と、続けやすいのも気に入っています♪

オーガニック歯磨きデビューにオススメの1本。
次は人気の「ソルト」や「子供用」も試してみようかなーと思っています^ ^

公式サイト【WELEDA】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ヴェレダ(WELEDA)

Copyright© Herbal Beauty , 2018 All Rights Reserved.